Blog

日常

陰のもの

突然ですが、僕は世の中で言われるところのネガティブっていう方の部類に属される方かもしれません。

別に常に死にたいとか考えていたり、世の中の全員をぶっ殺したいとか常に考えていたりとかそういう過激派な意味とかではなく、この言葉を僕が今発したのは相手がこういう気持ちだと思ってたけど、もしかしたら全く違ったらどうしよう、とか、今自分自身が用意している全て諸々ダメになっちゃったらどうしよう、今僕はみんなの事を考えたらどう動いたらいいんだろうとか、そういうなんか細かい類のほうのやつです。

とか言っといてなんだお前は、って思われるかもしれませんが、僕はこういう類の考えすぎてしまうことをネガティブだとか思ったことはありません。

むしろ丁寧に自身を形成するにあたって非常に大事なことだと思っています。

『自身を形成する』とかいうとすごいカッコいい事言ってる風に聞こえますが(本当は『自身を形成して自信をつける』と書こうとしたのですが余りにも西尾維新過ぎるのでやめました)どっちかっていうと誰しもがもっているプライド(誇り)を守る為に僕なりに考えて作られた自分の防衛手段のような気がします。

もっと言葉を単純にすると『傷つきたくないから』なんだと思います。自分が傷つかない為にあがくことは非常に大事なことだと思います。自分が傷ついて良い事なんてあまりにも少ないと思うからです。

ただ傷つかないで生きるってのはとても難しいです。僕はそれを死ぬほど色んな傷つき方をして回避の方法を一つ一つ学んでいきました。まだまだ傷ついていくと思います。典型的な『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』の愚者サイドの生き方です。

嘘をみんなでつこう、とか、人を蹴落として自分が安全な位置に常にいよう、とかそういう話に聞こえてしまったらすみません。

違います。

人を犠牲にして得られる良い事なんてあまりにも中身のないものです。やったことありませんが多分パチンコで一発大当たりを当てる、とか、麻薬めっちゃ気持ちい、とかとおんなじ感覚だと思います。道徳的な話ではありません、単純に世の中を全体的にみたら『そういう事をする人はそういう人』として世間に認識されるのは遅かれ早かれ時間の問題だからです。その人が長く生きれば生きるほど損するようにできている気がするからです。『目の前の人を大事にしましょう』とか『みんなにやさしくしましょう』とかそういう学校教育で死ぬほど聞いてきたかのような言葉には一言ずっと足りないと思っています。『自分の為に』という一言が。『目の前の人を大事にしましょう、自分の為に』、『みんなにやさしくしましょう、自分の為に』。

生きてれば傷はいやでもつくと思います。

傷つかないために何をするべきか、それは『誠心誠意、他人を疑い、他人と生きる』ことなんじゃないかって思います。僕は。

人は信頼をすると、本当にあったかい信頼を返してくれるんです。僕も最近そのことを改めて考えてみて、なんだかとてもほっこり涙が出そうな気持になりましたが。たぶん今更なんですが、人間の世界はずっとこうやって愛と信頼ありきで回ってきたんだろうなってしみじみと思ってしまいました。

めちゃめちゃアンパンマンとか瀬戸内寂聴とかが言いそうな文になってしまいましたが、要は『人を信頼するために疑う』ってことです。

その人を疑っている過程でその人がどういう人なのか見えてくると思います。そして、その人の考えを一生懸命自分なりに理解するように頑張るんです。その人が明らかにこっちをナメてたり(突然のヤンキー)見下しているな、利用するだけしようとしているな、ってのがすごく伝わってきたら携わるのを一瞬でやめちゃった方がいいです。一緒に頑張っている時間が本当に無駄だからです。携わっているみんなで見ている景色が違い過ぎるからです。かといってこっちも相手を見下したりナメ腐ったりしてはいけません。相手と同じ土俵に立ってしまうからです。かわいそうな人だ、ぐらいに軽く考えておきましょう。

そういう色々人を割り振りしたり、考えちゃうことを僕はネガティブだとは思いません。人を人として大事に扱うために人は考えすぎて、戦って、泥臭く生きて世界は成り立ってるんです。と思いたいんです。

 

だから僕は今日も人を疑います。

≫ Read More

日常   2020/07/26   louietakahashi

2019年も終わりますが

年末の挨拶です

毎年毎年思いますが、今年もやっぱり怒涛の一年が過ぎました。
みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか?
ともあれ今年を改めて俯瞰的に見てみると『変化の年』だったような気がします。
 

 
2月頃、僕は産まれて初めてYoutubeのグループ※1に入りました。
27歳の僕が何がYoutubeのグループだよ、とか誰よりも思っていたのですが、
好奇心と勇気とテンションで入ってしまいました。
色んな不安と個人的な葛藤もありましたが、ちょうど色々とあさーーーーく悩んでいた頃でしたので『ちょうど良い機会だ、一旦今頑張っている他人に触れてみよう!』と言うのが加入の大きな動機だと思っています。
いざ実際活動してみると「あぁこの子達はなんて若いんだ・・・僕もやっぱり歳をとったんだなあ・・・」とかそういう変な感慨に駆られることもなくただ単純に『めっちゃ楽しいじゃんこれ!』でした。
『青春の焼き直し』と僕は勝手にこの事を思っちゃってます。
 
 

 

5月、引っ越しました。
今までの家賃最高額の家に住みました。都心にアクセスしやすく、街並みもとても美しく、住んでる人々の治安も圧倒的に良いなか、周りを見渡しながら果たしてこんな家賃を僕は払っていけるのかという不安に駆られながら
これが東京に暮らすということじゃあ!※2』と西郷隆盛の気持ちを想像し自分を無理やり納得させ良い街に住んでおります。
僕がみんなに「どこ住んでるのー?」って聞かれた質問をはぐらかし始めたらつまりはそういうこととお察し下さい。
 

 
6月、父の日。
今まで一mmも父の日を父の日として考えたことの無かった僕は良い歳になってきてやっと大人ごっこでき始めている気がします。ちゃんと物をあげました。『Just do it』というナイキの創設者の本をプレゼントした気がします。
ということで父と2年ぶりくらいに会いました。最後にあったのは前の家の契約のときの保証人になって貰うときでした。そんときも終わったら「じゃ」って感じだったので、ちゃんと会うのは本当に久しぶりです。
単身赴任で東京にいる父はメールは嫌い、ラインはやってない、電話は繋がらないの連絡嫌い三拍子でして、コンタクトを取るのがめちゃくちゃ難しい。
しかし、そんな父から4月くらいに「生きてるか?」と一文メールが届いていたのでそれにかこつけて今回の父の日飲み会スペシャル企画を半分無理矢理とりつけたのである。
話を聞けば、
父は会社で苦労しているみたいだった。僕も社会で苦労しているっちゃあしているけど、そんなのは比にならないくらい苦労していた。半分いじめに近い気もした。
僕はその話を家でこっそり思い出して泣いてしまったくらいです。
会社をやめてしまおうかどうか、とても悩んでいたが今はなんとか折り合いをつけて東京から離れて別の部署でうまく働いているようで、とても安心しています。
父を思って泣けるようになったということは我ながら精神が少しは成熟してきたのではないだろうかと、若干誇らしい気持ちになったのはまた少し時間が経ってからの事でした。
 

 
8月、
IKUさん※3のホームパーティに御呼ばれしました。確か新居への引越し祝いという事でという名目だったはずだ。
あまり僕が会話したことないIKUさん周りの人やら、いつも良く見る人やら沢山きていて、いつも通りとても楽しかったです。
みんながあまり変わっていないということも嬉しく感じました。
たわいもない会話、熱い会話、打算的な感じが一切ない会話。
こういう関係性はずっと続けていきたいなってしみじみ思った日でした。
 

 
10月、
お世話になり過ぎている先輩HEY!たくちゃん※4さんのラーメン屋『鬼そば藤谷』が大つけ麺博というラーメンのイベントに出店するという事なのでお手伝いしました。
めちゃくちゃ大変でしたが、その分達成感もある特別な経験になりました。
お手伝い代を頂いたのですが、無茶苦茶分厚い封筒を渡され「20万くらい入ってると思ったでしょ?ねえ?分厚かったらやっぱり嬉しいでしょ?(笑)」と言われながらお手伝い代を渡してくる辺りやはりしっかりヘイタクさんはヘイタクさんだな、と思いました。
また来年も手伝う予定です。
 

 

11月、
災厄の月でした。
車で移動すること結構多いのですが、高速に乗って少し走ったあたりで「カチャン」って何かが落ちた音がしたのです。
途端車の屋根の上に携帯を置きっぱなしなことを思い出し、青ざめました。
携帯大破。これほど面倒なこともありません。携帯電話は日常のライフラインになっているのだな、と再確認しましたし、もし今被災して電気が全く使えなくなってまた携帯使えなくなったらどうしよう・・・!なんて考えてしまったし、アマゾンで防災グッズの10万くらいする足で自転車みたいにこぐタイプの無茶苦茶でかいバッテリーチャージャーを買うか買わないかも本気で悩みました。
歯もなくなりました。
表面はピンピンしていたのですが、中が壊滅状態だったらしく、まるで無理している体育会系の男の子みたいな歯が一本あったのですが、すっぽり完全に抜きました。
奥歯だったのですぐに入れましたが、単純に物凄くお金がかかりました。
プラス大事にしていた座椅子のリクライニング機能が死んで永遠に寝ることしかできない座椅子になってしまいました。
なので、奮発して良いソファを買いました。とても気に入っている猫足のアンティークチックな真っ赤な布ソファなのですが、さっそくやっぱり謎のシミができてしまっていて、
酔っ払った勢いで酒でもこぼしたであろう自分がとても憎いです。
そして、音楽をつくって生きていきます宣言※5を僕を見てくれている方々に向けてしました。
 

 
12月、
今年1月から毎月毎月投稿してきた自分の楽曲を一旦ほとんど消しました。
というのもブラックフライデーで買った新しいオーディオインターフェースが良すぎて全部それを使ってマスタリングし直したものを投稿したくなったからです。
曲作りをいままでおもちゃみたいな道具でしていたので、プロ仕様の道具に変えた途端、投稿していた楽曲全てが恥ずかしくなっちゃったっていうお茶目な事件でした。
 

 
今年は個人的に本当に色々ありました。
ありすぎて色々という言葉でまとめるしかないくらい色々ありました。
またどうか来年もタカハシルイを見ててくれると嬉しいです。
それではみなさん、良いお年を。
 

 
※1 男女グループ『最高パス』
※2 別に僕は薩摩藩と縁もゆかりは一mmもない
※3 ゆめかわモンスター、派手髪おじさん
※4 アゴまねで一時大ブレイクしたラーメン芸人とメディアが言っていました
※5 詳しくは一個前のブログ記事参照

≫ Read More

日常   2019/12/31   louietakahashi